いつでも笑みを

お笑いが大好き。
特にくだらないやつ。ガキ使みたいなのがど真ん中。

俺も相当バカだけど、お前には負けるわー!みたいな瞬間に相当な癒しをもらって生きてきた。まさに下衆の極み。でも、これって実は相当高度な技で、本来人に楽しんでもらうエンタメを生業としているゆえ、感じるところも多々。

笑いは絶対的な正義だと思う。たとえば、ひとりのお客さんである僕は、そのおかげでいろんな電気が体内を駆け巡った末、いつもすごく救われている。楽になっている。ただ、受け手の価値観や感覚は千差万別。同じネタでも中には嫌悪感を感じる人もいるわけで、より多くの笑いを生み出すことは、ほんとうに難しいのだろう。

お笑い芸人ではない自分が、同じようなごった煮の幸せ感をゲームで感じてほしい、とか思ってる。まだまだ、というかまったく。目指すべき道は果てしなく長く、つかむべき旗は遠いんだね。がんばろう。