Imagine all the people

僕の命が明日尽きたとしたら、悲しんでくれるのは家族や数少ない友達だけだと思うし、そう信じられるのはわりと幸せな事だと思う。それはそれとして、仕事をしている身としては関係する人たちに深刻な迷惑をかけてしまうから、とりあえずは全力で生きなければいけないのは、まあ当たり前の話。

さて、地球の命はあと5、60億年らしい。それまでの長い間にヒトはどうなっていくのだろう。星の命が尽きる前にとっくに絶滅してしまうのかもしれない。テラフォーミングみたいなことがが実現して、地球などさっさと見捨てて新天地に向かうのかもしれない。

僕には子供がいないから、種としての使命は果たせていない。それでもヒトとしてやれることがあるんじゃないだろうかなどと妄想する。使命というと大げさになるけども、もし僕が存在する意義があったとしたならば、それは「つなぐ事」なんじゃないかなと想っている。

おそらくは自身の半生を過ぎる長い時を過ごしてきて、ことさらに感じるのは自分がいかに陳腐な存在かということ。たとえば雑草魂なんて言えるのはとんでもなくすごいことだ。本当はプランクトンと同じ、ただそれよりもちょっとだけ複雑な生命体であるだけなのに。

同時に、だからこそ、なぜ自分は生まれ、ここにいるんだろうと考えてしまう。考えることに意味がないみたいなことはとっくの昔に通り過ぎていまっているのに。

そんなこんなの末にたどり着くのはいつも、ヒトはプレミアムな存在だということ。宇宙や星の尺度からしたら一瞬のゴミのような時間を、まるで恒久の時のように過ごすことができる。考えることができる。

ひょっとしたらプランクトンも僕らの知らない次元でそういう時を過ごしているのかもしれないけど、同じヒトを殺したり、自ら命を絶ったり、摂理に反して生きながらえようと抗ったり、そういう理解の範囲ではヒトはやはりプレミアムっぽい気がする。

というわけで、僕はプレミアムな生命体として、自分で考え、判断し、この先の余生を生きていかなければならないと強く想う。残された選択肢も時間も、あまり猶予がないように感じている。明日死ぬとかじゃなくて、ユニバーサルな時間軸の話として。ヒトがヒトであるために。

こういうことを毎日考えているから友達が少ないんだな。数少ない友達や家族は命と同等に大切にするべきだ。んで、もしも多くの人が大切な何かの遠い未来を考えれば考えるほど、目の前にあるちょっと先の未来は良くなっていくはずだ。考えるとは、未だみぬ未来にイメージを描くこと、想いを馳せること。

感じるだけじゃダメだ、考えろ。だと思う。李小龍には悪いけど。

付け加えると、想像しようよ!というお題目と違って、本当に僕が一番大事だと思っているのは想像の末に「決めること」なんだけども。