近況、開発状況など。

今週はとにかくいろんな締め切りに追われた一週間でした。

休み明けすぐのものだったり、週の中ごろまでのもの、今日までのものなどいろいろあって、それぞれちょっとずつ遅れてしまい、関係者の方々には多大なご迷惑をおかけして申し訳なかったのですが、なんとかすべてやりきることができました。

作業そのものは、日々現場でがんばっている人から見たら笑われるぐらいのたいしたことがない量なのですが、自分にとってはそれぞれに進めるのが難しく、たいへんなことでありまして。なんとか帳尻を合わせることが出来てよかったです。ひさびさにやりきった感ががこみ上げてきました(笑

アウトプットしつくしてカラカラになった感じがするので、この週末はインプットにいそしもうかと思っているところです。

とかは、どうでもいい話ですね。
ということで、ホームタウンストーリーです。

それぞれのパーツ(ゲームに必要な要素)はものがたりの部分を除くと先月の中旬ぐらいには揃って来ています。それから実装といって、各パーツをソフトに組み込む作業を黙々と進めてもらっています。
少し前にtwitterでもつぶやきましたが、ゲームの手触りみたいなものが確かめられるようになってきました。そこで、組み込みを進めてもらいつつ、気になるところを組み込みの邪魔にならない範囲で修正してもらっているという感じ。

それらの作業と同時に、E3での出展に向けて、翻訳を進めたり、仕様を決めたり、映像を作ったりとそういったことをひっくるめてがんばっております。

肝心のゲーム内容ですが、案の定、だいぶ変わった手触りのものになりそうです。他のところでは話していますが、見た目の雰囲気は、自分の意図しないところでぼくものっぽいみたいに見えるかもしれません。でも、ゲームを遊べば遊ぶほど、今まで遊んだどのソフトとも似ていない感想を持ってもらえそうな予感がします。普通のソフトとは違うと思います。それがいいことだと僕自身は思っているのですが、最終的には遊んでいただいた方々に聞いてみたいです。

ちょっと付け加えると、遊んで感じる雰囲気みたいなものが他と違うだけに、遊び心地みたいなところには最後までこだわっていきたいと思っています。ただでさえ慣れない感じがするのに、触って気持ち悪かったら続けて遊んでもらえないだろうな、と。具体的には直感的な操作の分かりやすさや、反応の速さみたいなところ。これは今回に限らず、ゲーム作りを始めた最初のころからずっと考えてやっていることなんですが、実際の結果は力およばずということも多かったので、ギリギリまで粘りたいです。だからこそ、遊んでみてもしもダメだったらガンガン突っ込んでほしいところ。悔しくて次がんばれるので。

そういうわけで、ゲームづくりを楽しんでおります。という近況でした。
今やっていることだけじゃなくて、次のための仕込みなど、やるべきことが多くて正直しんどいんだけど、不思議と何かに迫られてやらされている感じではなく、やらなければならないのだ!と感じられるのが、しあわせだなと思うしだいであります。

写真は去年のE3から。いやぁいっぱい作ったなぁ(笑
今年は新しいE3にしなくては。
E32012

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>