Make every one who loves video game happy

作ったゲームを世の中にお披露目するということ。このことは時代ともに大きく変わって来たと思う。

良くも悪くもゲームを取り巻く時代の趨勢は家庭用のゲーム機ではなく、スマホやタブレットのアプリを中心に動いている。

中でもフリーミアムの発想の元に作られたFree to playのゲームと今まで僕らが作って来た一つの完結したコンテンツとしてのゲームでは、その作り方も、お披露目の仕方も大きく変わってしまった。

何がいいとか悪いとか、そんなことにはあまり意味がないと思う。ただ、僕が主戦場としている家庭用ゲームの世界では意識の変革が必要とされているように思う。

端的に、FTPのゲームはどちらかというと、コンテンツよりも継続的なサービスが重視される。(もちろんコンテンツの質が一定以上をクリアしているのは前提として)一方で、家庭用やダウンロード課金型のゲームは遊ぶ前にお金を払ってもらえるだけの魅力や品質、また払ったお金に対する満足感が求められる。

僕らはそのために努力をして来たし、成功や失敗をたくさん経験した。だからこそ、自負と誇りを持ってお金を払ってもらえるだけのゲーム作りを目指してきた。

でも、それだけではダメなんだ。時代は常に移り変わっている。エンタテイメントとは多くの人を楽しませることであり、そのためには時代と向き合うことが不可欠だ。こんなんできました。僕は面白いと思うけど、どう?では相手にされないんだね。

世の中と対話をしながらコンテンツをアップデートさせていく。それはFTPのものとは少し違うんだけど、だからといって目を瞑ってはいけない。耳を傾けなければいけない。もちろんできること、できないことはある。でもまずは声を聞いて、それにたいしてアクションを起こす。いっしょに面白がって、一緒に育てていく感覚。

僕は楽しいことがしたい。みんなに楽しんでもらいたい。僕一人の力でそれができなければみんなと一緒にそれを作り上げていきたい。そして楽しい時間を過ごし、ハッピーになりたい。

対話をしながらコンテンツを磨きあげる新たな時代を迎えたんだね。

オーケー!僕も力の限りがんばります。