Imagine all the people

僕の命が明日尽きたとしたら、悲しんでくれるのは家族や数少ない友達だけだと思うし、そう信じられるのはわりと幸せな事だと思う。それはそれとして、仕事をしている身としては関係する人たちに深刻な迷惑をかけてしまうから、とりあえずは全力で生きなければいけないのは、まあ当たり前の話。

さて、地球の命はあと5、60億年らしい。それまでの長い間にヒトはどうなっていくのだろう。星の命が尽きる前にとっくに絶滅してしまうのかもしれない。テラフォーミングみたいなことがが実現して、地球などさっさと見捨てて新天地に向かうのかもしれない。

僕には子供がいないから、種としての使命は果たせていない。それでもヒトとしてやれることがあるんじゃないだろうかなどと妄想する。使命というと大げさになるけども、もし僕が存在する意義があったとしたならば、それは「つなぐ事」なんじゃないかなと想っている。

おそらくは自身の半生を過ぎる長い時を過ごしてきて、ことさらに感じるのは自分がいかに陳腐な存在かということ。たとえば雑草魂なんて言えるのはとんでもなくすごいことだ。本当はプランクトンと同じ、ただそれよりもちょっとだけ複雑な生命体であるだけなのに。

同時に、だからこそ、なぜ自分は生まれ、ここにいるんだろうと考えてしまう。考えることに意味がないみたいなことはとっくの昔に通り過ぎていまっているのに。

そんなこんなの末にたどり着くのはいつも、ヒトはプレミアムな存在だということ。宇宙や星の尺度からしたら一瞬のゴミのような時間を、まるで恒久の時のように過ごすことができる。考えることができる。

ひょっとしたらプランクトンも僕らの知らない次元でそういう時を過ごしているのかもしれないけど、同じヒトを殺したり、自ら命を絶ったり、摂理に反して生きながらえようと抗ったり、そういう理解の範囲ではヒトはやはりプレミアムっぽい気がする。

というわけで、僕はプレミアムな生命体として、自分で考え、判断し、この先の余生を生きていかなければならないと強く想う。残された選択肢も時間も、あまり猶予がないように感じている。明日死ぬとかじゃなくて、ユニバーサルな時間軸の話として。ヒトがヒトであるために。

こういうことを毎日考えているから友達が少ないんだな。数少ない友達や家族は命と同等に大切にするべきだ。んで、もしも多くの人が大切な何かの遠い未来を考えれば考えるほど、目の前にあるちょっと先の未来は良くなっていくはずだ。考えるとは、未だみぬ未来にイメージを描くこと、想いを馳せること。

感じるだけじゃダメだ、考えろ。だと思う。李小龍には悪いけど。

付け加えると、想像しようよ!というお題目と違って、本当に僕が一番大事だと思っているのは想像の末に「決めること」なんだけども。

ビデオゲームの未来、TOYBOXの未来

そういうことにどうしようもなく耐えられなくなってTOYBOXを創ったはずなんだけども、あいも変わらず言いたいことがすぐには言えないし、やるべきことに対してまっすぐに突き進むことができていない今日このごろ。

原因はシンプルで、自分がトランプ氏のやっていることをいくらどうこういっても、彼が普通にできること、つまり彼自身が好きにやってるってことを、自分はまったくもってやりきれていない現実がある。力が足りない。それだけだった。人に文句言ってる場合でもないし、もちろん立場でもない。

今現在僕が僕の思うゲーム作りや、それにまつわる世の中との付き合い方に、理想とは少しだけ違ってもいくらか近づけているのは、理解や賛同や協力、むしろ利用でもいい。そんな有志の方々の力添えのおかげでしかなく、もうひとえに感謝の気持ちしかない。まだ死にたくないとほざいていた僕は、もし一人だったとしたら確実に死んでいたはずだと思う。

同時にものすごく不甲斐なくも思う。つまりは、それが器なんだとも思う。

正解はわからないけど、とにかくうじうじするのは性分で仕方ないとしても、何かができる現状に心から感謝して、思いのまま障害と立ち向かい、全力で今できることを順にやっていく。

なんだか、ごくごく当たり前の話にしかならないけど、そうするしかないんだという結論。いつもここに向かっている気がする。いい加減気づけよと思うけど、また繰り返して、また気づいて、またやっていくしかないんだろうな。

どれだけ繰り返して来たかわからないけど「これしかできない」ということには、まあようやく気付き始めているのかな。

僕の想い。ビデオゲームが大好きで、感謝していて、恩返しがしたい。だからTOYBOXを創った。極端にいうとそれは、自分勝手な私欲のためのものだったんだけど、今は少しだけこの形を後に遺すことを考え始めている。

歳を重ねるとだんだん自分のことがどうでもよくなってくる。
世のため人のためという戯言が、仮に他人からは偽善に見えるとしても、実のところ自分自身の欲求に変わっていく。
私と公が結びつきフェアになることが、人が作る人のためのワールドなんだという想いがあふれてくる。

まあいいや、手ごたえは確かにあるんだ。遠くにある旗を掴みに、前に進もう!!!

Make every one who loves video game happy

作ったゲームを世の中にお披露目するということ。このことは時代ともに大きく変わって来たと思う。

良くも悪くもゲームを取り巻く時代の趨勢は家庭用のゲーム機ではなく、スマホやタブレットのアプリを中心に動いている。

中でもフリーミアムの発想の元に作られたFree to playのゲームと今まで僕らが作って来た一つの完結したコンテンツとしてのゲームでは、その作り方も、お披露目の仕方も大きく変わってしまった。

何がいいとか悪いとか、そんなことにはあまり意味がないと思う。ただ、僕が主戦場としている家庭用ゲームの世界では意識の変革が必要とされているように思う。

端的に、FTPのゲームはどちらかというと、コンテンツよりも継続的なサービスが重視される。(もちろんコンテンツの質が一定以上をクリアしているのは前提として)一方で、家庭用やダウンロード課金型のゲームは遊ぶ前にお金を払ってもらえるだけの魅力や品質、また払ったお金に対する満足感が求められる。

僕らはそのために努力をして来たし、成功や失敗をたくさん経験した。だからこそ、自負と誇りを持ってお金を払ってもらえるだけのゲーム作りを目指してきた。

でも、それだけではダメなんだ。時代は常に移り変わっている。エンタテイメントとは多くの人を楽しませることであり、そのためには時代と向き合うことが不可欠だ。こんなんできました。僕は面白いと思うけど、どう?では相手にされないんだね。

世の中と対話をしながらコンテンツをアップデートさせていく。それはFTPのものとは少し違うんだけど、だからといって目を瞑ってはいけない。耳を傾けなければいけない。もちろんできること、できないことはある。でもまずは声を聞いて、それにたいしてアクションを起こす。いっしょに面白がって、一緒に育てていく感覚。

僕は楽しいことがしたい。みんなに楽しんでもらいたい。僕一人の力でそれができなければみんなと一緒にそれを作り上げていきたい。そして楽しい時間を過ごし、ハッピーになりたい。

対話をしながらコンテンツを磨きあげる新たな時代を迎えたんだね。

オーケー!僕も力の限りがんばります。

罪と罰

ゲームにとって一番大事なこと。
それは純粋に面白いか否か、これに尽きます。

ただ、ビジネスとしてゲームを作る場合は、結果として成功すること。
これが伴わないと誰も幸せになれません。

ビジネスの失敗は罪なのです。
罪が重なるとゲーム作りを続けられないという罰を受けます。

好き勝手に面白さを追求しながら結果を残し、関わった人を幸せにすること。
とても難しいことだけども、それこそがTOYBOXを作った意義であり、やりとげるのが使命だと信じています。

ここからが勝負だ。

ちゃんちゃらおかしい

ひとつだけ。
過去に何度も繰り返して来たという自覚はあったのだけど
さらっと振り返っただけでも、ひどいわー。ひどすぎる。
これはもうちゃんとやろうと言えないとか書いてる場合じゃなくて
ちゃんとやります宣言をしないと、友達が誰もいなくなる。
友達が多い僕ではないけど、だからこそ友達がいなくなったら終わる。
ちょっとちゃんとします。反省します。
もう少しだけお付き合いください。そう思いました。
これ会社のブログとしてどうなのよ、unOfficialなのでギリギリなのです。

Updating in silence

確認したところ前回のアップは2015年6月25日だそうです。

他人事のようですが、びっくりしました。仕事しろよ!と。
普通の会社だったらクビになってるレベルですね。
なので、誰にも気づかれないようにひっそりとこっそりと更新するしかありません。
特に相棒の金沢には気づかれたくありません。間違いなくどつかれるので(笑

過去に何度も繰り返して来たことなので、これから心を入れ替えてちゃんとやります!
みたいなことはもうさすがに言えませんが、気の向くままにひっそりとやろうと思います。

最新作であるBirthdays the Beginningの発売を迎えるにあたり、
自分なりに積極的にSNSと向き合っていたら、
伝えたいことが溢れてきてしまい、とはいえTwitterやFacebookで垂れ流すのも
どうかとグズグズしてる中、ブログのことを思い出した次第です。

気持ちが前に進んだり、止まっていたりするので、
まずは書いてみようというのが今日。
次回から中身のあることを書いてみたいと思います。

まずはここから。