あくなき欲望

E3に行ってまいりました。
気の利いた写真などはありません。ごめんなさい。

今までのパターンだと更新しない感じなんですが、そこは前回悔い改めたばかり。とにもかくにもまずは思ったことを書いてみようという次第であります。

まず、一番強く思ったのは、あれ?コンソールゲーム大丈夫じゃない?みたいなことでした。これはすこぶる主観的な話なので合っているかはわかりませんが、日本にいて感じる、ああ、家庭用のゲームも成熟期を過ぎてだんだん下火になっていくのかなぁ、、、なんていう若干悲観を含んんだ侘び寂び的感覚を、いとも簡単に蹴飛ばしてくれたのです。とにかく盛況。リアルに活気がある。世界は広いとあらためて感じました。

じゃあそれでオッケーなのかっていうと、そうでもない感じ。時間の関係で小さなところまでくまなくチェックできたわけではないという言い訳を前提にさせていただくと、どうしてもオラオラ系が目立っていました。

それ自体が悪いわけではもちろんありません。僕なんかにはとても真似できないような技術とアイデアの粋が集まっていて、とにかくものすごく激しくて豊か。正直に感動できます。

気になるのは同じベクトルのものが多いことですかね。僕自身の感性が足りていないのかもしれませんが、すごいと思うけど面白いと感じないというか。「やばいなこれ、すごいな」と思うことはいっぱいあっても「何これ!一刻も早く遊びたい!」ということが少なく感じました。

絶対やる!と思ったのはtwitterでも呟いたトリコと、これはもうしょうがないSWBFぐらいでした。ひょっとしたら、今までさんざんゲームをやりつくしてしまったから感覚が鈍くなってしまったのかもしれない。最初はそう思ったのですが、あらためて思い返すとやっぱ違うなと感じています。

たぶん刺激が欲しいんですよね。今までに出会ったことのないような体験に興奮を感じる。それは派手なものでも地味なものでもいい。見たことのないものを見たいんです。本当に欲深いと思いました。少しだけ恥ずかしいけども。

でも、そこは貪欲でもいいんじゃないかな。スプラトゥーンが予想以上に売れていて、喜ばれているというのを耳にしました。僕はまだ遊んでいないんだけど、みんな新しいものを求めているんじゃない!?ってイメージすることができて、嬉しかったし、なんだか元気が出てきました。

世の中の現状はなかなか厳しいです。あれだけイノベイティブかつクリエイティブな巨人でさえなかなかできないことなんだと思います。

だからこそ、僕らみたいな端っこにいる小人がなんかやんなきゃと思うのです。きっとそれを面白く感じる人がいるはずだし、それを続けることができればビデオゲームの価値が伝承されていくと信じています。

そんなあくなき欲望をもって、これからも軽く無謀な挑戦を続けていきたい。

そう思ったE3でした。

愚か者であります

ずいぶん長いあいだ、放置してしまいました。

最近、Twitterを再開して、いろいろ思うところがあった末に
このブログのことを思い出しました。まあ、その時点でダメ。

心の奥底ではずっとずっと気になっていたのに、
そこから逃げていたのだと思います。
日付を見ると最後の更新は2013年になっているので驚きました。
いや、ほんとに恥ずかしい、、、

更新していない間も自分なりに仕事はきちんとしているつもりで過ごしてきたけど
これではダメだなと思いました。

自分たちの会社の公式ブログを放置というのはやる気がないようにしか見えない。
いや、違うんですよ。やる気はあるし、実際やっているつもりではある。
だったらきちんと目に見えるようにしろよ!!!という話だなと感じております。

だからといって、今やってることをホイホイ書けるとは限らず、
なかなか難しいなというのも本音なのですが、
その結果、こうやって長いあいだ自分の会社のブログを放置して思うのは
もうそういう言い訳は止めにしようということでした。

そういうわけで、まずはお詫びを申し上げます。ごめんなさい。
いや知らねーから!ってことだとは思いますが、ケジメであります。

冒頭にも書きましたが、Twitterを再開しました。
どこまでできるかわからないけど、あまり人がやっていないことを
やってみようと企んでいます。好きなことをやってみたいという想いで
会社を作ったし、幸いにも近しい理解者の方を中心に
環境に恵まれている気がするので、どうなるかわからないけども
やれるだけやってみようと思っています。

あらためて、よろしくお願い申し上げます。