出来上がるってすばらしい

気分があがっています。
素直にうれしいのであります。

ゲームはまだまだ出来上がっていないのですが、今日E3用のトレーラーが完成しました。紆余曲折はあったんだけど、自分なりには現時点で伝えられる最高のものになったと思います。

「ホームタウンストーリー」というゲームは、いろんな人の力を集めることでようやく実現に近づいています。かの「元気玉」を現実として実感している最中であります。もちろん、僕自身もさまざまな想いを持ってこのソフトを生み出し、作り上げることに注力しています。

そういう意味では、今度のE3では鼻血が出そうなぐらいの取材が予定されているので、いろんなことを話すと思いますし、いろんなことが取り上げられたり削られたりするだろうなと思っているところです。

ん?削られる。まあ、それは媒体を通し、編集をされるのだから、当然のことです。
じゃあ、自分で残しておこう。せっかくブログという好き勝手な発信手段があるのだから、気分があがったついでに。

今回のトレーラーを仕上げてから、数時間のあいだずーっとリピートして見ながら気づいたこと。自分で企画を書いてみんなでゲームを作って、それを受けてまた自分がコンテを書いてトレーラーを作って、それを繰り返し見たらあれ?って気づいた。そんなことがあるんだぁってこと。

それは、「みんな違うんだよ」「違ってもいいんだよ」っていうことです。

このことって、企画書にも今まで話したことにも、このゲーム限っていうと、どこにもないことなんです。でも、できあがったトレーラーを何十回も見ていたら、そんなことが伝わってきました。自分が作ったものから、自分の知らなかったことが出てきた。

「作ったものには作った人の色が出る」なんてことは、客観的にはよくある話だと思っていましたが、これだけダイレクトに、具体的に自分自身が感じたことは、実は初めてでした。

出来上がるってことは、すばらしいなぁと思った次第であります。
「もの」は出来上がった瞬間から、出来上がる最中の「もの」とは別物で、この世に生をうけ、いろいろな人と触れることで育っていくんだと感じました。

ゲームそのものも絶対にいい形で完成させたい。そういう想いをいっそう強くしました。トレーラーはE3のころに公開される予定です。

というわけで、今日は音声編集中のワンショット。
IMG_0983